加賀丸いもの出荷調整作業と同時進行で絶賛出荷販売中のオカモトです!


今年の11月上旬はとても天候に恵まれて収穫作業が順調にはかどりました。
掘り上げた加賀丸いもは泥まみれですので、コンテナごと外でよーく干して乾かします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのあと、台の上にひろげて1つ1つ手作業で乾いた泥を落とし、手芸用の糸きりばさみで根っこを切り落とします。

 

加賀丸いもは、皮が黒く見た目がゴツゴツしているのですが、とても傷つきやすいので水洗いはできません。
一つの種いもから1個の収穫ですので大変希少性の高い野菜です。
ですから、ジャガイモやサツマイモのように機械にとおしての出荷作業はできないのです。
一つ一つ丁寧に大切に手作業で出荷調整しています。
 
★緩衝材と保存性(傷みが出ないように)も兼ねてきれいな木くずに包んでお届けしていますが、水洗いしていませんので調理の際は砂が表面に残っていることがあります。予めご了承ください。
きれいになった加賀丸いもを袋詰め、箱詰めして今年も皆様にお届けできることを本当にうれしく思っています!
旬の丸いも食べて下さいね~♪

 
 

岡元農場へのお問い合わせはこちらからどうぞ。