「おすすめ品種はどれ?」お米農家がおすすめするお米の特徴と種類をお答えしましょう。


こんにちはー

お米農家のおかもとです(^^)/

9月も後半、そろそろ稲刈りも終盤。今年は台風の影響で例年以上に収穫期が長引きました。

お待たせした皆様、申し訳ございません。

ようやく最後の品種「ひゃくまん穀」を含む、すべての品種が出そろいます。

 

 

今日は、よくご質問いただく「どのお米がおすすめですか?」の質問にお答えしたいと思います。

時期によっても変わりますけど、オカモトが9月におすすめのお米。

いろんなお米を食べてみたいという方には、

 

1⃣新米の時期9月10月、まずは早生品種の「ゆめみづほ」をおすすめしています。

「ゆめみづほ」は2003年に石川県で誕生した品種で、みずみずしい稲穂という意味の「瑞穂」──そんな瑞穂が実る国の「夢のあるお米」という意味を込めて名付けられました。ねばりのある「越南154号」と寒さに強い「ひとめぼれ」をかけあわせてできたお米であり、さっぱりとしたほどよいねばりと食感、高品質なうまみが特徴です

「ゆめみづほ」は、8月下旬に稲刈りして9月上旬から販売しています。

いち早く瑞々しい新米を食べたいという方には、おすすめしたい品種です。

 

【ゆめみづほ】をお勧めするわけ

➊なんといっても早く瑞々しい新米が味わる⇒9月10月に食べるのが絶対おすすめです!

他の品種よりお値段がリーズナブル

(安いからと言って大量買いでの長期保存はおすすめできません)

注1:年内消費をおすすめします (年明け以降は食味がおちます)

注2:精米して2週間以内に食べてください

「ゆめみづほ」 お買い求めはこちらから

2⃣10月以降(通年)におすすめのお米はなんといっても厳選プレミアムの「特別栽培米コシヒカリ」です!

岡元農場では、間違いなく一番手間ひまをかけて栽培している品種です。

コシヒカリの王道とでも言いましょうか。

粘りうまみとも納得いただける美味しさで、白飯はもちろん酢飯にもお使いいただける万能な品種です。

さらに農薬は極限まで控え化学肥料不使用ですので、健康志向のお客様にも納得いただけるお米です

農場主おかもとが、美味しさはもちろんのこと安心安全に関しても、長年にわたって最善を尽くして取り組んでいる品種なのです。

 

ライターではないので文章で表現するのがむずかしいのですが、

何もそこまでしなくても・・というくらい労力をつぎ込んでいるんです。

◆特別栽培米コシヒカリについて、詳しくはこちらからどうぞ。

特別栽培米コシヒカリのお買い求めはこちらから。

3⃣ちょっと変わった品種を食べてみたいという方には「ひゃくまん穀」(数量限定)をおすすめしています。

「ひゃくまん穀」とは?

岡元農場では「ひゃくまん穀」というネーミングになる前(当時は石川56号)の試験的な栽培から継続していますが、

正式には、石川県オリジナルの新品種として2017年から発売されています。

直売できる分は数量限定なのでご予約をおすすめします!

 

お米の粒ひとつひとつが大きく、食べ応えがあります

また、粘りが強くもっちりとしており、お米自体の旨みを味わえます。
冷めても硬さや粘りに変化が少なく、おいしさが損なわれないので、お弁当やおにぎりには特におすすめです。

▼ひゃくまん穀をたく時のポイント↓これ大事‼

炊飯の際は、通常より浸しすぎずやや少なめの水加減にするとおいしく炊き上がります。

 

「ひゃくまん穀」のお買い求めはこちらから。

 

ということで、今回は岡元農場のお米おすすめ品種を3つご紹介させていただきました。

人気の品種は在庫切れになることもありますので、年間予約定期購入をおすすめします。

ぜひぜひ新米のうちにチェックしてくださいね。

岡元農場へのお問い合わせはこちらからどうぞ。