平成29年産米の早生品種「ゆめみづほ」から早くも出穂がはじまっています!一月後に収穫する新米をイメージしてお米農家は田んぼの除草作業に汗しています。


北陸は石川県で、豊かなお米と加賀の丸いもを栽培している岡元農場です。
ようこそ~ Nice Rice de Smile!
ここ加賀平野では、4月後半に田植した稲がみるみるうちに1メートルほどの背丈に伸びています。
そして、よーくみると稲の穂が続々とつきはじめています!

遠めにみていてもわからないのですが、よーくみると出てます。ついてます。稲穂が!!
「わーーっ!!」スゴイ!おもわず感動です。
うれしい(^▽^)♪ これを見ると収穫がぐっと近くなる感じがします。
なのですが、この時期は雑草も稲に負けない勢いで増え広がるのです。
(-_-;)(-_-;)
というわけで、先週は特別栽培米豊コシヒカリの田んぼに草取りに入りました
この草は運動場などによく生えているのですが、水があっても無くてもどんどん地面に覆い広がる草なのでとても厄介なのです。
ずーっと気になっていたのですが、ここ数週間は加賀丸いもの誘引作業に追われていて、とても手が回りませんでした。
 
今日こそは!と早朝から腰カゴを持って意気揚々の私。
確か気温は35℃まで上がった日です。朝6時過ぎに水筒をもってカッパズボンにナイロン手袋。
顔には一応日焼け止めのみをぬって、帽子にマスク、だいぶ怪しいおばさんです 笑。
ここのお米は、岡元農場でも最高品質のコシヒカリ。特別栽培米の中でも、有機肥料100%なので本当に上質のお米です。
なので、リスクは高いけれど、できるだけ農薬は使わずに収穫までいきたい
美味しく安全なお米になるように手間暇かけて育ているのです。

この仕事は手で雑草をとるので、「手でトール」とよんでいますが、とても体力のいる仕事です。(手と腕の筋力も!)
誰からも命じられてはいませんが、キレイにしたい、良い収穫にしたい!の一心で自ら挑みました。
みて下さい↑この自己満足な笑顔 (笑) 社長が通りがかりに撮ってくれました。
(この後まさかの出来事が起こるとは予想もしていませんでしたから。。)
おおよそ4時間がんばりました。3反部の田んぼを2枚畦周囲から四方をぐるりと除草制覇!
達成感と疲労感、爽快感でいっぱいの私でした。
つづきは、また後日に。
 
 
 
 
 
 
 
 

岡元農場へのお問い合わせはこちらからどうぞ。